課外活動団体リーダー研修会

読み

  • かがいかつどうだんたいりーだーけんしゅうかい

内容

カテゴリ:イベント

毎年12月の第一土曜日、日曜日に行われる、三系合同での研修会。参加者は、三系のサークル責任者、運営委員(に当たる人)で、リーダーとしてのあり方や、各系組織について学ぶ場となっている。運営は同委員会で、三系から一人ずつ選出される。ここ最近は、芸サ連からは庶務担当副委員長?が行っている。文サ連と体育会は総務局長。一応芸サ連だけ上役が選出されている。

開催場所

ここ数年はさしま少年自然の家で落ち着いている。その前は(以下更新中)

参加人数

変動はあるが、増えていっていると見て間違いない。現在は200人強となっている。

主催

筑波大学…ということを忘れられがち。課外活動連絡会に計画書、報告書を提出する。

講演会・全体会

講演会は大学の現・元教員、活躍している卒業生、または企業から招いた講演者などに頼んで、「リーダーとしてのあり方」について講演をしてもらっている。

全体会では、伝統的にコミュニケーションゲーム等が行われている。話し合いには何が必要かといった事を実感してもらうためのゲームということになる。

2004年度は講演者が全体会でやることも考えてくれて、それが統一感があると好評だったため、2005年度では見つかった講演者がコミュニケーションゲーム等の専門の人だったので、最初から講演会と全体会をひとまとめにした。

系別会

2005年度までは2日間で3つに分けて行われていた。リーダー研修会の主となる部分。芸サ連では「芸サ連とは何か」「芸サ連について運営委員・責任者として知っておくべきこと」の研修を主に行う。系別会のうちひとつは参加者同士の親睦を図るため自己紹介を兼ねて一発芸の披露会を行ったりしている。

ちなみに他の系は系の仕組みを学ぶというよりは、リーダー研修会の名前の通り、リーダーたる人材の育成を行うことを主目的としているらしい。芸サ連としてのリーダー研修会のあり方については常に議論をやめないようにしていただきたい。しかし他系より芸サ連の運営委員は意識が高いという評判もあり、現状の方針で良いという意見が芸サ連では多い。

このページは書きかけです。さらなる加筆、修正を望みます。

執筆者


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-31 (火) 19:23:42 (3800d)