会計責任者会議

読み

  • かいけいせきにんしゃかいぎ

内容

財務局長が所属団体会計に対して行なう会議。2月と6月の2回ある。

会計責任者会議(2月)

基本的に進行は新しい財務局長が行なうが、必要に応じて前任者にも助けを求める。この時行なうのは次の事項である。

  • 会計マニュアルの新しいものを配付する
  • 会計マニュアルを説明する
    • 近年、会計マニュアルの内容が膨大になってきているため、「ここは重要です」と言っておかないと読んでもらえない可能性がある。そのため、重要な所についてマーカーを引かせる等して説明する。
  • 会計面接の結果を印刷したものを配付する
  • 課外活動団体援助金の系別配分額案を示し説明する
  • 前年度分の収支計算書を返却する
  • 紫峰会の北澤さんに来てもらい、サークル会計と顔合わせをする。また、会計マニュアルの紫峰会の部分について説明してもらうのもいいだろう。いずれにせよ、事前に北澤さんの所に行って、当日の内容について打ち合わせをしておくこと。

特に会計マニュアルの説明で時間がかなりかかるので、事前に時間配分や説明の仕方について前任者などと話し合っておくといいだろう。会計を退屈させない、有意義な会計責任者会議にできるように。

なお、会議を欠席した会計については後で補講を行なうこと。

会計責任者会議(6月)

6月の会計責任者会議は、課外活動団体援助金の支給や受領印を押してもらう等のことを行なうが、こちらは会議ではなく個々に執務室に来てもらう形にしてもいいだろう。  

執筆者


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-22 (水) 19:35:16 (4113d)