会計面接

読み

  • かいけいめんせつ

内容

紫峰会と財務局長が、サークル会計・責任者と面接するもの。芸サ連では毎年11月に行なわれている。

目的・実施

会計面接は会計マニュアルにある3つの目的のために行なわれているが、特にサークルの会計状況と運営状況の確認・相互の情報交換をすることに主眼が置かれている。

芸サ連では11月の秋休みを中心に、財務局長によって行なわれる。基本的には財務局長がすべてを取り仕切るが、場合によっては執行部内で助けを呼んでも良い。また、次期執行部の運営委員長や財務局長が決まっていたら、いくつか見学させると勉強になる。

準備

まずは会計面接を行なう日程を、紫峰会と話し合い決定する。芸サ連の場合基本は秋休みだが、その前に行なうことも可能である(なお秋休みの後は年末のため、何かと忙しくなるのでお薦めしない)。また同時に、面接担当者の研修を行なう日程について紫峰会と話し合う(新委員長・財務局長等が見学だけする場合は、別に短時間の研修を設けた方がいいだろう)。

責任者・会計に向け「会計面接日程調査」(→他02-会計面接日程調査)を行ない、サークルの空いている日を調査する。なお面接の参加対象者は、新責任者・新旧会計の3人が必須である。

日程調査用紙を回収したら、Excel上で日程調整を行なう(他03-会計面接日程調整)。まずは「1〜2箇所しか空いていないサークル」を優先的に入れ、その後は適宜入れていく。会計が大規模なサークルや問題がありそうなサークルについては2コマ分取っておくようにする。

コマが決定したら、その結果を早めに会計に通知する。会議があればその時だが、無ければコマ割りのデータをネット上にアップしてそのURLをメールする等して早めに伝える(各会計にそれぞれ時間を通知してもいいが、一々文面の違うメールを送るのは面倒かもしれない)。

11月の運営委員会で、事前調査用紙を配付し、当日持ってきてもらう。

会計面接本番

面接の前日か当日に、面接するサークルに対して一応連絡のメールを入れる。

  • (メール例) 本日は会計面接です。会計面接では忘れ物・書類不備などがあると再面接になることがありますのでご注意ください(特に、会計に関する資料などは「すべて」お持ち下さい)。よろしくお願いします。

当日は面接開始時間の前に余裕を持って紫峰会へ行き、過去の面接データ等を見て大体の傾向を掴んでおく。面接の内容については、研修で教わった通り。見学に来ている人や他の人に手伝ってもらい、面接のデータ入力を平行して行なう。

会計面接終了後

入力した面接データを処理し、各サークルに向けた資料を印刷する。2月の会計責任者会議までに作っておき、会議にて配付する。

執筆者


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-22 (水) 18:57:35 (4019d)