厚生会

読み

  • こうせいかい

内容

筑波大学において、外部業者に筑波大学内での業務を委託する組織。生協の代わりの役割を果たすもの。

任意団体であり、何かの下部組織であるというわけではない。そもそも、「大学がサークルに直接現金を渡すことができない(あるいは困難である)」という理由で紫峰会を大学の外部に任意団体として置いたように、大学(国)が業者と提携を直接的に結ぶことの回避として、大学外部に置いた団体、という位置にある(と思われる)*1

理事会にて、外部業者の選定をするのが主な業務と思われる。理事会には、教職員と、学生の代表として全代会?厚生委員会?員(通常は委員長か?)が参加している。ちなみに、厚生会の会長は学長?であり、理事長は副学長(学生生活)?となっている。その辺りが、生協という左翼的勢力を嫌い、中央管理を目指した筑波大の考えたシステムとしての特徴なのではないだろうか。

入学時に400円を払って、あまり考えずに厚生会の会員になった学生も多いと思われる。

厚生会が委託している業者

  • 岩崎電気(平砂宿舎)
  • アイデン(一の矢宿舎)
  • (以下調査中)

厚生会委託業者の宿舎地区での販促活動

2006年3月の、キャンパスガードの警備時に、平砂の宿舎見学に来た新入生に対し、岩崎電気、アイデン等が屋外に出ての販促活動をしている様子が見られた。それをキャンパスガードが注意したところ、正当な活動であると主張し、情報のなかったその場の裁量では許可とした。

そういった業者の活動の制限については厚生会理事会で決まったことに準拠する。学生が要望を出す場合は、基本的には全代会厚生委員会を通すのが筋であるが、同時に警備に当たっていた学生担当教員室員からその報告が挙がる事となった。

現在の理事会での規定ではあまり詳しく明記されていないらしいが、おそらく屋外での販促活動は契約違反に当たるだろうとのことであった。しかし、あまり外部業者を締め付けすぎると、吉池?のように出て行ってしまう可能性があるため、そういった意味でのグレーゾーン?を含む問題のようである。

このページは書きかけです。さらなる加筆、修正を望みます。

執筆者


*1 大学が直接外部業者と提携することは可能ではあるが、お金の面などでいろいろややこしいらしい、ということぐらいまでしか理解できなかった

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-20 (月) 22:34:30 (4051d)